【インターン対談】経験0からWEBマーケティングスキルを習得、フォロワー◯◯万人のメディア運用も!

こんにちは!人事/広報の伊藤です!

今回は2人のインターン生の登場です!インターンを始めるまではどんな学生だった?仕事内容って実際どんな感じ?どんなスキルが身に付く?インターンを通して変化したことは?などなど、活躍中のインターン生に気になる質問をぶつけてみました!

▼こんな方に読んでほしい!
– WEBマーケティング、SNS運用のインターンに挑戦したい
– 社会で通用するスキルが身に付くインターンを探している
– 何か熱中できることを探している
– トリコのメンバーについてや実際にどんな業務を経験できるか知りたい

▼今回の対談メンバー

高野(マーケインターン)、澤(メディアインターン)

インタビュアー:伊藤(人事/広報)

活躍するインターン生2人の共通点とは?

伊藤:ではでは、まずは私から色々質問していきますね!大学生活はどう?2人は今4年生だよね!

高野&澤:実は私たち同じ大学なんですよ!キャンパスは違うので会ったことはなかったんですけど!

伊藤:えー!めちゃくちゃ偶然だね!2人ともどんな大学生活だった?

澤:1年生の間はサークルに行ったりめちゃくちゃ遊んで、2年生からはインターンに参加し始めました!

高野:私はインターンを始めるまではサークルorバイトのザ・大学生!な生活を送っていました!初めてのカフェのバイトで店長に怒られたのも良い思い出です。その後も居酒屋とかケーキ屋とか、水泳のインスタラクターもやりつつ、サークルではバスケをしていました。笑

伊藤:めっちゃ色々してる!!バイトは水泳のインストラクターでサークルはバスケなんだね!笑 高野さんは水泳がめちゃくちゃ得意だったと聞いてるんだけど…部活には入らず?

高野:水泳は高校でワールドカップに出て燃え尽きちゃいました…!

伊藤:え?ワールドカップって?!

澤:高野さんサラッと言ってるけど私もびっくりしてます!笑

高野:水泳のワールドカップがあるんですよ!標準記録があってそれを突破したら出場できるんです。

伊藤:じゃあかなり水泳を真剣にやってたんだね!選手になるとかも考えていた?

高野:最初は考えていて、大学もそっちで行こうと思ってたんですけど、水泳で仕事に着くことが想像できなくて…。もし選手になれたとしても、将来ずっと水泳選手としてやっていけるわけではないじゃないですか?選手を引退したらコメンテーターとか、インストラクターとか道はあると思うんですが、水泳を使った仕事をしたいとは思えなくて…。じゃあ違うことやろうってそこから切り替えました。

伊藤:好きなこと=仕事にしたいではないこともあるもんね。

澤:その気持ちは少しわかるかもしれないです…!私は実はもともと美大志望だったんですよ。ガッツリ油絵を描くのが好きで、中学、高校とずっと部活で油絵を描いていたんです。

高野:この前初めて聞いてびっくりしました!

伊藤:美大に進まなかった理由とか聞いてもいい?

澤:ちゃんと予備校にも通っていたんですけど、こんなに上手い人がたくさんいるんだって途中で自信がなくなってきてしまって…。将来の自分を考えた時に選択肢を絞るのが怖くて、やっぱり一般大に行こうって切替えました。少し未練もあったんですけど、視野を広げて色々なことにチャレンジできているので、今はこっちの道を選んですごくよかったと思っています!

伊藤:そっか〜、二人とも高校生まですごく熱中してたことがあって、ていうのが共通してるね!一つのことをずっと頑張るって凄いことだと思うし、私が色んなことに手を出すタイプだからそうやって熱中できる人ってすごく尊敬するなー!

実戦でスキルを身につけたい!インターン参加のきっかけ

伊藤:気持ちを切り替えて大学生になって、新しく何か挑戦したことってある?

高野:高校まで本当に水泳しかやったことがなくて「高野雪愛=水泳、泳げる子」みたいなイメージを周りからも持たれていたと思うし自分の中でもそうだったので、これまでとは違う自分になってみたかったんですよ。なのでまずは単純に普通のバイトだったりサークルだったり、普通の学生生活を満喫したいという気持ちが強かったですね。インターンに興味を持ったのは就活で業界研究を始めてからです。

澤:私は2年生くらいからぼちぼちインターンを始めましたね!1社目はSNS運用の会社で、企画、動画制作みたいなことをさせてもらいました。

伊藤:澤さんは今トリコでもInstagram運用を頑張ってくれていると思うんだけど、当時からメディア運用に興味があったの?

澤:そうですね!といっても当時は制作することに興味があって。絵を描くのが好きだったように、もともと手を動かすことが好きなんです。ただ、こんな企画を何本くらい撮ってという指示をもらって、撮影して動画を作って、また別の方に編集依頼して、というように一部分しか関われず、数字を追ったり分析したりといった業務はできていなかったんですよ。だからなのか、あまり自分がのめり込んで取り組めなかったというのもあって辞めてしまって、そこから数ヶ月はまた別のバイトをしていました。

その後3年生になってコロナで自粛期間が始まってまた家で絵を描くようになったんですけど、そこで自分が美術が好きだったことを思い返して、デザインのインターンに応募してみようと思って再度ベンチャー企業でインターンを始めました。

伊藤:高野さんは就活の業界研究がきっかけでインターンを始めようと思ったんだよね!

高野:そうです!興味を持ったのがマーケティングで、気になって本を読んだけど読むだけだと理解できないこともあって、こうなったら実際に経験した方が早い!とWantedlyで色々探していました。

トリコに応募して、返信が来た時感動したんですよ…!もともとInstagramから知っていて、返信が来るわけないと思っていたので。

伊藤:2人ともちゃんと目的を持って動いてるところが偉い…。私ももし大学生に戻れたら2年生とかからインターンしたいってみんなのこと見てて思うな。当時は将来のために動くみたいなことが全くできてなかったので…。笑 澤さんはトリコが3社目のインターンになるのかな?

澤:そうですね!2社目のデザイナーインターンでFUJIMIの広告を参考にしていたのがきっかけでトリコを知りました!

伊藤:就活はデザイナーで受けていたの?

澤:就活ではどちらかというとマーケター寄りの流れを知れるところを探していました。デザイナーインターンでクリエイティブ制作の仕事をさせてもらったのですが、自分が作ったクリエイティブにどのぐらいの反応があるのかも知らなかったし、これめっちゃCV凄かったよって言われてもピンとこなくて、これじゃダメだって思ったので。無事内定はいただけたんですが、就職までに少しでもマーケティングを学びたくてトリコのインターンに応募しました。

高野:じゃあ今やってるトリコでの仕事は澤さんにピッタリだね!企画から投稿画像の作成まで全部一通り経験できるし。

伊藤:ちょっと詳しく2人が今やっている業務内容とか、1日のスケジュールについて教えて欲しいな!

企画から実行まで全て自ら担当!インターン生の1日

 

高野:マーケインターンでは、出社したら前日のCV数を更新して、午前中は主にインフルエンサーさんの対応、午後からはFUJIMIのオフィシャルアカウントをどうやって運営していくかだったり、SNSを使用したイベントやキャンペーンの企画を考えたりといった施策検討の時間にしています。

伊藤:イベントやキャンペーンの企画もインターン生が行ってるんだね!

高野:そうですね!基本的にまずは自分たちで案を出して、MTGで社員さんやCOO細田さんに提案してフィードバックしてもらいながら企画を進めていきます。

伊藤:割と自分で考えないといけなかったり、主体性が求められると思うんだけど、大変だったり辛いことはない?

高野:大変は大変なんですけど、自分がやった分だけ会社やサービスに対して良い方に還元されて、それをちゃんと数字が見れるのが楽しいです!

伊藤:高野さんはトリコに入社してちょうど一年くらいだと思うんだけど、最初の頃を振り返ってどう?

高野:自分の中で1番変わったと思う部分は、自分がやることなすこと一つ一つ目的を持って取り組むようになったことです。企画の提案にしても、とりあえず思いついたものを提案するのではなく、なぜやろうと思ったのか、なぜやるべきだだと思ったのかをクリアにしてから提案するようになりました。

思っていることを言葉にするのが苦手だったんですが、チームでやっているとどうしても伝えないと仕事が進まないということが多くて、必然的に考えを整理して他の人がわかりやすいように伝えるということが以前よりできるようになった気がしています。

スキル面では、1年間Instagramチームでやってきて最近では業務マニュアルを作成したり、新しく入社したメンバーに教えたりといった機会も増えてきました。もし別の会社でSNSを利用したマーケティングをやるとなった時に、ここでの経験を応用して0から立ち上げるみたいなこともある程度までできる、くらいには成長したんじゃないかなと思っています…!

伊藤:意識面でもスキル面でも自分が成長できてるって感じると嬉しいよね!これができますっていうスキルを持っていると就活でも自信を持てそうだね。澤さんは美容メディアの運営を担当してくれてるよね!業務内容はどう?

澤:60%がクリエイティブ制作、40%は商材を決めたり、ストーリーやリール内容の検討をしたり、データ分析、企画って感じですかね!投稿画像を作るのにどういう内容でどういう画像を作るっていうところから自分で決めていくので、どうしても1投稿分を作るのに時間がかかってしまうんですけど、数字を見ながら企画の部分から全部携われるのでとても楽しいです!社員の方にアドバイスをもらったり、他社のメディアがどんな投稿をしているか研究したりしながら進めています。

伊藤:先輩社員やCOOからどんな感じでフィードバックをもらえるのか気になる…!

澤:何事に対しても何が目的で、この施策をしてどうなったら正解かみたいなところを一緒に整理してもらっています。自分が提案した案に対して、これだったらこういう結果になったらいいよねっていう選択肢をいくつも出してくれるというか、自分で考えるゆとりを持たせつつアドバイスしていただいてます!

高野:MTG以外だとインターン生も月に一回1on1があるので、そこでも業務内容以外に就活のことだったり進路だったり色々と相談に乗ってもらっています!

澤:経営陣や社員との距離が近い分どんどん吸収していきたいです!

伊藤:今はまだメンバーの数も少ないから、経営陣、社員、インターン関係なく仕事終わりにご飯行ったりすることも多いよね。最近はコロナであまり行けてないけど…落ち着いたらまた新メンバーの歓迎会とかしたいね!

 

更なる目標に向けて奮闘中!一緒に頑張ってくれる方募集中です…!

伊藤:逆に2人からトリコに対してだったり、社員に対して気になってることとかある?

澤:さっき高野さんが1年でどれくらいできるようになったって話があったと思うんですけど、この環境で1、2年働いたら私もレベルアップできますかね。その後社会に出るとなった時に、自分がどれくらいできるようになっているのかが気になります。

伊藤:そうだなあ…それは本当に自分がどれだけやるかに寄るっていうのが大きいんだけど、自分次第でスキルをどんどん身につけて成長できる環境ではあると思うな。今のフェーズだと特にまだまだ手をつけられていないこともたくさんあるし、インターン、社員関係なくやりたいと思ったことを提案して挑戦してほしいし、そうやって全員でサービスを伸ばしていきたいと思ってるので!あとは若いメンバーが多いから、自分に近い年齢の人でロールモデルになる人を見つけられそうだよね!一旦はその人に近づけるように頑張ってみるのもいいかも!

澤:ロールモデルになる方がたくさんいるんですけど、普段仕事で関わらない社員の方にももっと詳しく話を聞いたりしたいなって思います…!

高野:今は月1くらいの頻度でマーケチームの社員さんやCOOの細田さんに1on1をしてもらっているんですが、チーム以外の社員さんとお話しすることもできますか?

伊藤:この人と話してみたいっていうのがあれば全然調整するよ!!

澤:え!!お願いします!!あと伊藤さんからみた社員さんの印象ってどうですか?

伊藤:基本的にみんな仕事に対するモチベーションが高いところが良いなって思うかな!やったことがないことでもなんとか自分がやらないといけないことが多いし、もちろん上手くいかなくて悩むことはあるんだけど、お互いにモチベーションを保ち合っているというか。メンバー同士であの人が頑張ってるから自分も頑張ろうって思えるみたいなのがあると思う。会社を伸ばすために一人一人が自分のやるべきことをやってるっていう感じがする。

高野:わかります!私も澤さんがSKieNaの運営を頑張ってるからFUJIMIのInstagramチームも頑張ろうって思います。

澤:今20万フォロワー目指して頑張ってるところなんです…!滞りなくバズる投稿を生み出せる力も身につけたいし、安定して2000いいねは超えるようなところに達したいっていうのが個人的な目標なんですよね。SKieNaが安定してきたらFUJIMIプロテインのアカウント運用もしたいんですが、Instagram難しいです…!

伊藤:メディアチームではフォロワー数を目標にしてるんだね。20万まであと少し…協力して頑張ろう!高野さんは目標とかある?

高野:そうですね、今は私たちが動いたことがお客様の購入に繋がったという確信を持てることがまだ少ないので、それをちゃんと自分の手で作るというか、これを私がやったからこの結果が出たっていうのをしっかり数字で出せるようになりたいです!

伊藤:じゃあその目標のためにも、一緒に頑張ってくれるインターン生に入ってもらえるよう私も頑張ります!どんな人に入ってほしい?

高野:マーケだとSNS見るのが好きだったり流行に敏感な方だと嬉しいです!あとは自分はこれがやりたい!っていう気持ちを少しでも持っている方ですかね。

澤:やりたいことが明確な方だとタスクを振り分けやすいし、自分でこれどうですか?って提案してくれる方だと嬉しいです!あとはとにかくコスメが好きで詳しい人…本当に入って欲しいです…!!

伊藤:今が1番変化の多いフェーズで、やりたいのにできてないこともたくさんあって、本当に社員並みに色々任せてしまうかもしれません…!ですが実戦でスキルを身につけたい方や、0からメディアを伸ばしてみたい方、主体性を持って取り組みたい方にはぴったりの環境だと思うので、興味がある方はぜひ一度お話ししましょう〜!^^

2人とも、今日はありがとうございました!

ちなみに2人が運営してくれているInstagramアカウントはこちら!

▼FUJIMI公式Instagram
https://www.instagram.com/fujimi_official/

▼美容メディアSKieNa
https://www.instagram.com/skiena_care/

そしてまだまだインターン生募集しております!

▼マーケインターン詳細

▼メディアインターン詳細

伊藤 芳

【経歴】 1993年 兵庫県生まれ。 2016年 関西学院大学 商学部卒業 新卒で鉄鋼の専門商社に入社。貿易業務に携わる。 2020年11月よりトリコ株式会社に人事/広報として入社。

TOPへ