【UP-DATE × FUJIMI対談】人気インフルエンサーが語る、コンプレックスを乗り越え変化した気持ち「悩んで努力する過程こそがその人を作っていく」

— 結局、自分を好きな自分でいるために必要なことって?

Suzu:鏡に向かって、「かわいいよ」って言う。

全員:かわいい〜!そんなことやってんの?笑

Suzu:なんか言霊ってあるらしいんですよ。お花とか植物にも「可愛いね、綺麗だね」って声をかけると枯れにくくなるらしくて。動物も毛並みが良くなったり。それを聞いてまずは自分で自分を褒めてあげようって。

Rio:私以前に10kgくらい太ったことがあって、1年かけてダイエットして戻したんですよね。それはこっちの自分の方が好きだから。体型を維持するために自炊したり運動したり、そうやって努力してる自分も好きだなって思うから、結局自分のこと大切にできてるなって。あとは自分の機嫌をとること!例えば梅雨で髪の毛ボサボサだったらやる気がでないから、とりあえずトリートメントに行こうとか。そういう小さいことでもいいから自分を労ることですかね。

Hina:私はまだ自分のことを好きになりきれていないから何とも言えないんですけど、自分を好きな自分になるために…うーん何だろう。

花房:難しいですよねこの質問。

Hina:好きじゃないからなあ自分のこと…。

Rio:でもひなちゃんのことはみんなが好きだからね。

Suzu:うんうん。

Hina:何だろう、でもあくなき挑戦が私の中では大切で、一ヶ月前の自分よりレベルアップできているように、常にハングリー精神で新しい自分に挑戦するようにしているんです。その探究心は自分の好きなところで、でもそれが自己否定につながって疲れるときもあるんですけど…。自分の良い部分でもあり悪い部分でもあり、そこが自分の根源なのかなって。だから探究心を持つことは大切だなって思います。

 

花房:私はちょっとひなさんに近くて、自分が一ヶ月前と同じ自分でいることが1番悔しいというか、どんどん前に進んでいる自分が好きなんですよね。ちゃんと前に進んでいって、振り返った時に、一ヶ月前の自分を恥ずかしく思えるくらいがいいんです。できなかったことができるようになっているとか。なので大切にしているのは、今の自分を好きになるために、過去の自分を越えられるよう努力することですかね。 みなさんのお話を聞いていると自分のことをちゃんとわかっていて、自分なりの方法を見つけられているので見習いたいですね。

Suzu:自己分析しすぎると訳わかんなくなってくるんですけどね。笑 あ、あとあれじゃない?うちら結構褒め合うよねお互いに。りおちゃんは体型維持を本当に頑張っていて、二日酔いでもジムに行くんですよ!!ジム来たから褒めてってよくLINEきます。笑

Rio:自分で褒めてっていうスタイルです。笑

Suzu:でもさ、自分で褒めてっていうのも良くない?こうやってお互いに上げ合うのも大切だなって思います!

 

— FUJIMIについてはどう思いますか?

花房:この質問緊張するなあ…。

Suzu:そもそも美容分析っていうのが今までになくて新しいし、美容って表面的なものが多いけど、分析内容が日中何時間外にでているかとか睡眠時間とか、身体の内側から綺麗になることを考えている内容になっていて、健康というところも意識されているのが良いと思いました。

Hina:やっぱり健康になることが本来の綺麗な姿を引き出してくれるじゃないですか。FUJIMIさんは美に対して興味がある方を健康方面にもサポートして支えるみたいなイメージがあって、すごくヘルシーな感じがします。あと海外規格のサプリメントって大きくて喉につっかえちゃうことがあるんですけど、FUJIMIさんのは粒の大きさが程よい感じで飲みやすい!

Rio:個包装で持ち運べるところが現代にあってるなって思います!旅行とか行く時に持っていけるし。

Suzu:サプリメントって何個も何個も何が必要とか自分で考えて選ぶのがめちゃくちゃ難しいじゃないですか。それをまとめてくれるのが個人的にありがたいです。あとパケもめっちゃ可愛い!

花房:これはもう嬉しいタイムですね。

伊藤 芳

【経歴】 1993年 兵庫県生まれ。 2016年 関西学院大学 商学部卒業 新卒で鉄鋼の専門商社に入社。貿易業務に携わる。 2020年11月よりトリコ株式会社に人事/広報として入社。

TOPへ