【UP-DATE × FUJIMI対談】人気インフルエンサーが語る、コンプレックスを乗り越え変化した気持ち「悩んで努力する過程こそがその人を作っていく」

Suzu:ほんとなんていうか…気持ちですよね。私も昔とマインドが超変わって、外見のことですごく悩むということがなくなりました。いま日本とか韓国とかって、細くないといけないとか、こういう顔の系統が流行ってるとか型がやっぱりあるじゃないですか。でも無理にそこに嵌めようとしていくと、どんどん自分と乖離していくと思うんですよね。こうじゃなきゃいけない、って思い込んで特に若い世代は苦しめられてる子が多いと思うんです。私もそういう時期があったんですよ。でもそうじゃないなってことに気づいて、そこから自分らしい「かわいい」を追求できるようになったんです。

体型も、私個人的にはムチってしてる方が好きだったりとか、そんなの人それぞれじゃないですか。だから自分がなりたい自分でいいんだよって、自分らしくでいいんだよってことを言いたいです。

花房:すずさんにも、何か考え方が変わるようなきっかけがあったんですか?

Suzu:私はYOUTUBEを始めた当初は美容系の動画を出していて、途中からカップルチャンネルをやるようになったんです。そうなると他の方のカップルチャンネルを見るようになるじゃないですか。もちろん女の子の顔がタイプっていう理由で見ることもあるんですけど、良いなって思う理由はそれ以外にもたくさんあって。

以前に自分のチャンネルでカップルチャンネルに何を求めるかアンケートをとってみたんですよ。女の子の顔の可愛さとか、えっちさ、キャラクターとか。そしたら顔の可愛さを求める声が1番低かったんですよね。

全員:えー!そうなんですね!

Suzu:カップルチャンネルを始めてから、外見について言われることが本当になくなりましたし、性格を見てキャラが可愛いと言ってもらえることがすごく増えたんです。美容系で動画配信をしているときは、自分の外見を指摘されることも多かったのでそればかり気にしていました。でもそこじゃないんだ、キャラなんだ!!っそれがすごく嬉しくて、そこで考え方が変わりました。

花房:私も昔は眉毛が下がってることをめっちゃ気にしてたなあ…。何を使って描いても下がるんですよ。でも一時期から下がり眉が流行ったり、その次は平行眉が流行ったり、今ちょっとぼさっとしたのが流行ってたり。流行もそうやって変わっていくんだから、この顔に合うようにメイクすればいいんだって思うようになりましたね。

Suzu:とにかく自分にないもの=コンプレックスになってる。自分がつり目だったらタレ目になりたいとか、どうしても自分にないものになろうとしてしまうんですよね。

Rio:私はもともとポジティブなので、整形したときも「絶対もっと目が大きい方が可愛くない?鼻ももうちょっと高い方がよくない?明後日やるわ!」くらいの勢いでやってきたんですよね。もちろん、もうちょっと考えてやった方がよかったなっていう部分もあります。笑 やっぱりちゃんと考えることも必要だし。でも悩んでウジウジして2年とか経っちゃうなら、その時間がもったいないって私は思っちゃうんです。特に若い期間てめちゃくちゃ大切だと思ってるから、悩んで気にして生活するくらいだったら、整形でもしちゃって自分が自信を持てる姿で生活した方が良いんじゃないかなって。だから昔の自分に会っても、そのまま頑張ってって言いたいですね!

全員:めちゃくちゃポジティブ!笑 でもその気持ちもわかる。

Hina:りおさんくらいのポジティブさで、もっと良くなりそうっていうワクワクした気持ちでみんな可愛くなっていけたらいいですよね。りおさんのそういうところがすごく好きだし見習いたい!

伊藤 芳

【経歴】 1993年 兵庫県生まれ。 2016年 関西学院大学 商学部卒業 新卒で鉄鋼の専門商社に入社。貿易業務に携わる。 2020年11月よりトリコ株式会社に人事/広報として入社。

TOPへ