【Tricot Story#9】インターン入社から2年で紙もWEBもプロダクトも!好奇心旺盛なデザイナーの挑戦

こんにちは!

人事の伊藤です。今回はデザイナーとして活躍する岡田さんのインタビューです。インターンから新卒入社を経て、この4月から2年目に突入!学生時代やトリコでのインターン時代、現在の仕事内容や心境について語っていただきました。

岡田 七海(デザイナー)

徳島県出身。日本大学創生デザイン学科在学中にインターンとしてトリコ社で働く。大学卒業後、新卒でデザイナーとして入社。

何かを決める軸はワクワクするかしないか

岡田さん、今日はお願いします!まずは学生時代のお話から伺えればと思います!

理系大学のデザイン学科に通っていました。昔から数学とか物理が得意で理系に進みたかったのと、モノづくりや絵を描いたりが好きでそれを仕事にできたら最高!と思っていたので、デザイン学科を選びました。美大だと専攻があったり、割と専門的な知識を深めていく感じになると思うのですが、そういった決まりもなく様々な分野について学ぶことができました。どの分野に進むか決め兼ねていた私にはピッタリで、どの授業も楽しかったです!

実は空間デザインとか、建築寄りの授業も多かったんですよね。私は何故か図面上で3mのトイレを作ってしまい、大人数クラスで先生に、「岡田さん、あなたのトイレは3mよ、歩いてご覧なさい」って言われてしまって…笑 直感でワクワクする方向に進んでいってしまうところがあるのですが、合ってないなと思った時の切替も早いので、やっぱり当初から興味があったグラフィックデザインの方を頑張ろうとそこで決めました。と思いながらもゼミでは金属アクセサリーをデザインするクラスへ…。好奇心に任せてどんどん新しいことに挑戦していました!

好奇心旺盛な岡田さんらしいエピソードですね!実家は徳島とのことですが、大学で関東まで出てきた理由は?

実は…私ディズニーランドが大好きだったんです…!当時は徳島に住んでいながら年パスも持ってたし、全然1人で遊びに行ったりもしていました。その時から大学は絶対関東にしようと決めてましたね。笑 ハマったらとことんハマるタイプなので、たくさん趣味があるわけではないんですが、一つ一つをめちゃくちゃ極めています。ちなみに最近は鬼滅の刃にハマっていて、映画は5回くらい観にいきました!

ワクワクする方に不安や迷いなく進んでいけるポジティブさは岡田さんの良いところですね!

もちろん考えたり、悩んだりすることもあるんですが、基本的に自分は運が悪くない方だと思ってるので、なんだかんだ何とかなる精神があって。笑 ポジティブは完全に両親譲りですね!好きなことやりなさいと言ってくれる両親にはいつも本当に感謝しています。

伊藤 芳

【経歴】 1993年 兵庫県生まれ。 2016年 関西学院大学 商学部卒業 新卒で鉄鋼の専門商社に入社。貿易業務に携わる。 2020年11月よりトリコ株式会社に人事/広報として入社。

TOPへ