【COO×PM×Engineer】パーソナライズ製品を作るってどういうこと?WEB×プロダクトで作るFUJIMI開発秘話

こんにちは!人事の伊藤です。

これまでプロダクト開発やサービスについてはあまり公開してこなかったのですが…今回2021年4月15日の『FUJIMI パーソナライズプロテイン』リリースを記念して開発メンバーに聞いちゃいました!パーソナライズという部分でやはり通常のプロダクト制作と違った部分もあり、エンジニア、PM、経営、それぞれの視点でプロダクト開発への思いや、今後の展開について存分に語っていただいております^^

▼今回の対談メンバー

細田(COO)、加藤(PM)、Lifina(エンジニア)
インタビュアー:伊藤(人事/広報)

初めて会社になれた…新プロダクトリリース!

伊藤:では早速、ついにプロテインがリリースされましたね!!
加藤:本当によかった…プロテインは1年ほど前から制作を始めて、まだその時は社内にエンジニアもいなかったので開発は外注する想定でいたんですよね。
Lifina:そうか、私がジョインしたのが丁度半年前くらいですもんね。
加藤:業務委託も含め数人のエンジニアが入社してくれたこと、同時に動いていたプロジェクトの関係で、分業する必要が出てきたこともあり、想像以上にたくさんの人に助けてもらいました。リリース前には色々と内省化できていて、最後はインターン生が中心になって動いてくれて、なんていうか…
細田:なんていうか…初めて会社になれましたよね。いや、フェイスマスクリリースの時なんて、今から考えるともう…想像を絶する大変さだった。
加藤:そうそうそう!プロテインも、当初は最後までほぼ1人で走り切る想定でいたからすごく不思議な気持ちです。

伊藤:Lifinaさんが入社した時にはもう半分くらい進んでいたんでしょうか?
Lifina:プロダクト制作は進んでいたけど、開発はほとんど0の状態でしたね。逆にやりやすかったですが。笑
加藤:実際には、新規プロジェクトを最初から最後まで組織として全体通してやったことがあるかというと、そうではないです。途中まで個人プレイで、割と形ができてきた状態で開発の部分からみんなでやる、みたいな感じでしたよね。
Lifina:私とかJJ(フロントエンドエンジニア)は前職が割と大きい会社なので、それと比べると良いところも悪いところも色々あったと思うんですけど、それはそれとしてこのスピード感で商品を出せるのは楽しいですね!
伊藤:普通はもっとかかりますか…?
細田:2年とか全然かかると思います。エンジニアチームのコミュニケーション力が高いのがほんとありがたい。仕事を取りに来てくれるし、プロダクトとかお客様のことをわかって実装してくれているので任せて大丈夫だっていう安心感がありますよね。PM側や僕たちもまだまだ手探りなところがあったけど、相当汲み取って実装してくれているのがわかるし…本当ありがとうございます。
加藤:私や藤井(CEO)が組織に所属して動いた経験が浅いところもあって、組織全体を通しての動き方、みたいな部分がまだつかめていないところもありましたしね…。ギリギリの仕様変更とかもお願いしてしまったし…。
Lifina:それは本当にそう。笑
細田:でもそれをやってもらえてるからこそ、ギリギリまで改善できる、ギリギリまで良いものを作れる、スピード感も最大化するんですよね。後ろ側が受け取ってくれるからできてるっていうのは大きいと思います。

TOPへ