【Tricot Story#3】大学生活の集大成としてインターンに。挑戦し続けて学んだこと

ー 大学ではどんなことをしていましたか?

大学では1年生はとにかくサークル、バイトの繰り返しで、友達と沢山いろんな場所へ遊びに行っていました。他にはゼミの活動や、大学のOB、OGの方と現役生をつなぐイベントを行う公式団体に所属したり、色々な環境に積極的に飛び込んできました。

特に公式団体での活動は、年1回100人規模での開催なんですけど、講演会やOB、OGと現役生の交流会もあって、そこで先輩方からいろんなところに飛び込んだ方がいいというアドバイスをもらいました。トリコに飛び込んだのも先輩方からそのアドバイスがあったからです。私にとってはインターンにエントリーしたことも大きな挑戦でした!

ー どんどんチャレンジしていきましょう!!トリコではどんな仕事をしていますか?

マーケチームのなかでもTwitterを担当しています!投稿に反響があったときは、見てくださる方に喜んでもらえるような情報を届けられたように感じてとても嬉しいです!チームメンバーと協力して日々改善を重ね、成果を発揮できたときはメンバー全員で達成感を感じています。

トリコのインターン生は皆チャレンジ精神があって、刺激をもらいながらも楽しく働いています。最近はお仕事の合間にみんなで新宿のランチを開拓することにハマっています!

インターンを通して気づいた大切なこと

ー トリコで学んだことがあれば教えてください!

最初は目の前の仕事を覚えるので精一杯でしたが、だんだん仕事に慣れてきて感じたことがあります。それは、積極的にチャレンジすることの大切さです。会社に必要なことが何かまず自分の頭で考えて、その考えを言葉にして積極的に提案、発信していくことが特に重要だと気付きました。

入社当初は、与えられた仕事をするのでいっぱいいっぱいでした。仕事に慣れてきて初めて自分のことだけじゃなくチームの目線で考えられるようになって、今後どうするべきかとか、チームにとって必要なことを自分なりに分析して発信するようにしました。そのとき、インターンの先輩や社員の方々からより深いアドバイスをもらって、私自身の考え方もどんどんアップデートされていくのを実感しました。チームにも貢献できた気がして、怖がらずに発言して良かったと思いました。

トリコのインターンは学生でも自分次第で色々なチャレンジをすることができて、成長できる環境があります。その環境が最大の魅力だと思っています!

ー トリコでのインターンを考えている学生の方に向けてメッセージをお願いします!

インターンシップに挑戦することはとても勇気がいることだと思います。ただトリコは話を一度聞きに来るだけでも大きな学びがあります。

学生の内に新しいことにチャレンジしたいと考えている方は、是非一度トリコに飛び込んでみることをおすすめします!

ー 井田さん、ありがとうございました!

伊藤 芳

2020年11月より人事、採用などバックオフィス担当としてトリコに入社しました!
まだまだ勉強中の身ですが、会社やメンバーにとってより良い職場環境を作っていけるよう、毎日試行錯誤しています。
これからのトリコを一緒に盛り上げてくれる方、当社に少しでも興味をお持ちの方からのメッセージをお待ちしております!
どうぞよろしくお願いいたします!

TOPへ