【Tricot Story#2】結果を残せたのは地道な努力を続けたから。インターン生ながら会社の重要ポジションに抜擢!

ー メンバー皆が大切にしている考えですね。他の解釈は?

加えて僕が意識しているのは、「FUJIMIについて知ってくださった方々を虜にする」ということです。これはトリコに入って学んだ大切なことの一つなのですが、「将来的に購入する可能性があるのならばそれはお客様であり、同様に大事に丁寧に接するべき」だと僕は考えています。例えば誰かがFUJIMIを知ってくださり、サイトを閲覧していただけたとして、結果的に購入までは至らなかったとする。それは僕たちがお客様を虜にすることが出来なかったということです。その差は一体どこに存在するのか?サイト上で「FUJIMI」の魅力を伝えきれていなかったのかもしれないし、そもそも今のプロダクトではそのお客様の課題が解決できていないのかもしれない。1つ1つのマーケティング施策の裏側では、ローデータを見ながらそれらを徹底的に分析し、改善施策まで落とし込むといった一連のサイクルが終わること無く回り続けています。そうした地道な改善作業を経ることで、本当にお客様に愛されるブランドが生まれると信じて日々仕事をしています。

ー マーケティングと聞くと派手なイメージがありますが、日々の地道な努力こそが本当に重要になってきますね!最後にトリコでのインターンを考えている学生に一言お願いします!

トリコは“インターンはここまで”といった制限が本当にない。成長意欲が高くて、能力的にも任せてもいいと思わせることが出来れば基本なんでもやらせてくれるんじゃないかと思っています!

ぜひ一緒に働きましょー!

ー 高嶋さん、ありがとうございました!

伊藤 芳

2020年11月より人事、採用などバックオフィス担当としてトリコに入社しました!
まだまだ勉強中の身ですが、会社やメンバーにとってより良い職場環境を作っていけるよう、毎日試行錯誤しています。
これからのトリコを一緒に盛り上げてくれる方、当社に少しでも興味をお持ちの方からのメッセージをお待ちしております!
どうぞよろしくお願いいたします!

TOPへ