【Tricot Story#2】結果を残せたのは地道な努力を続けたから。インターン生ながら会社の重要ポジションに抜擢!

こんにちは!人事の伊藤です。

第二回【Tricot Story】はPMインターンとして大活躍中の高嶋さんのインタビューです!マーケインターン として入社し、日々努力を積み重ねPMに抜擢された高嶋さん。今回は大学生活やマーケティングに興味を持った理由、トリコでの仕事について伺ってきました!

【プロフィール】

高嶋 恭平(PMインターン)

大学では経営学部でデータ分析や統計数学を専攻。WEBデザインを始めたことをきっかけにマーケティングに興味を持つ。toBのベンチャー企業でマーケインターンを経験後、今度はtoCに挑戦したいと2020年春ごろにトリコに参加。こう見えて趣味は散歩(自転車で)。

ー まずはトリコを知ったきっかけについて教えてください!

Wantedlyの「あなたの先輩がいる会社」でトリコを見つけました!

ー なぜエントリーしようと思ったんですか?

就職活動でtoCのマーケティングについて聞く機会があって、「人の感情をどう突き動かすか」をとことん考えて、大規模な人数に戦略を仕掛ける姿に憧れを抱きました。美容はtoCの中でもブランド価値について思考する場面が多いんじゃないかと思っていて、純粋に話を聞いてみたいという気持ちでエントリーしました。

スマホケースデザインでお小遣いを稼いだ高校時代

ー 今4年生ですよね!どんな大学生活でしたか?

僕の大学は理系なので男子が多くて、キラキラした大学生活とか、サークルに入ることは諦めてて。笑 なので課外活動を充実させようとインターンもそうですがバイトも色々やってました!塾講師、引越し業者、ホストなど学生時代しかできなさそうなものを選んで、とにかく好奇心に身を任せて3年間で10個ぐらいやりました。笑

ー 10個は凄いですね!笑 その中でマーケをやりたいと思ったきっかけは?

高校生の時にファーストフード店でバイトしてて、チキンを揚げながらもっと違うことで稼ぎたいなーって思ったんですよ。そんな時にメルカリで売られているスマホケースをみて、このデザインなら自分でもできそうだと思ってデザインを始めました。昔から絵を描いたりするのが好きだったので。どんなデザインが売れているか分析してデザインして、データを送ったら2000円くらいで制作してくれるサイトがあって、マージン乗せて5000円で売っていました。今思えばその時から分析したりロジック立てて考えるのが好きだったのかもしれません。

それから大学生になって、WEBデザインをするようになって自分のサイトを作ったりしていました。そこで初めてCVとか数字を分析するようになって、マーケティングやってみたいかもと思い始めました。

大学では統計学やデータ分析していたので、やっぱり学んだことを活かしたい気持ちもありました。

伊藤 芳

2020年11月より人事、採用などバックオフィス担当としてトリコに入社しました!
まだまだ勉強中の身ですが、会社やメンバーにとってより良い職場環境を作っていけるよう、毎日試行錯誤しています。
これからのトリコを一緒に盛り上げてくれる方、当社に少しでも興味をお持ちの方からのメッセージをお待ちしております!
どうぞよろしくお願いいたします!

TOPへ