第3回:美容コンシェルジュしょん のお悩み相談会 〜紫外線対策編〜

UVAがお肌に影響すること
シワ・シミ・たるみ
肌のハリや弾力を失わせてしまう
皮膚の変色
メラニンが色素沈着して肌が黒色になる
皮膚がん
細胞にダメージを与え、コラーゲンやエラスチンを破壊する

実は、お肌の老化の原因の80%は紫外線と言われています。 これを「光老化」と言いますが、将来的に 深いシワやシミ・たるみを引き起こします。
さらに、UVAもメラニン色素の合成を促すので、皮膚が黒くなったり
皮膚の細胞にダメージを与え、ガンを引き起こす危険性すらあるんですよ。」

まりか🐹:
老化って紫外線のせいでもあったんですか?!
深いしわができてしまたら取り返しのつかないことに…これはしっかりケアしないとですね!」

るう🐧:
「皮膚ガンを引き起こす危険性もあるなんて
美肌のためだけじゃなく、健康のためにも対策しないといけなさそう」

紫外線にあたった肌はどうなる?

コンシェルジュしょん
「そうです、だから紫外線対策がとっても大切なんです。

シミや肌荒れなど表面上のダメージだけじゃなく、お肌の奥深くに影響を与えてしまうので
日焼け止めを塗らずに紫外線を浴びた場合の肌へのダメージは計り知れません…!

紫外線によるダメージ
【肌本来のバリア機能が低下する】

紫外線は、肌表面の皮脂を酸化させ、お肌の保護層の働きを弱めてしまいます。
【メラニン色素が過剰生成される】
肌が紫外線を浴びると、紫外線を吸収して肌を保護するメラニン色素が生成され、肌は日焼け状態になります。それが過剰に起こることによって色素沈着を引きおこし、シミが発生します。
【肌が老化する】
肌の老化の80%は、紫外線が原因です。
紫外線にさらされると、肌にハリと弾力をもたらすコラーゲンが分解されてしまい、シワやたるみなどを引き起こします。

紫外線の怖さ、わかっていただけましたか?」

まりか🐹:
「ひゃー!明日から絶対に紫外線対策しないと!」

るう🐧:
「紫外線対策にはやっぱり日焼け止めですか?
どんなものを選んだらいいのかわかりません…!」

どんな日焼け止めを選べばいい?

コンシェルジュしょん
「紫外線対策の重要性をわかっていただいたところで、どんなアイテムを選べばいいのか、気になりますよね。

日焼け止めには紫外線防止効果の数値がありますが、その表示は気にしたことはありますか?」

よし🐶:
SPFPAのことですよね!
SPF50だとUVカットが最強ですよね?でもPA値はよくわからないなあ」

コンシェルジュしょん
「そうです、SPFとPAがありますよね。
実はこれ、SPFはUVB対策PAにはUVA対策の効果があるんです!

紫外線防止効果の数値
UVA対策:PA
PA+~PA++++の4段階があり、+が多いほど防止効果は高くなります
UVB対策:SPF
SPFは1~50+の数値で表示され、値が大きいほどUVBの防止効果が高くなります

xiong

パーソナライズビューティケアFUJIMIのCSしょんです
美容に関するお悩み、一緒に解決していきましょう!
#FUJIMI #beauty

TOPへ