第1回:美容コンシェルジュしょん のお悩み相談会 〜ニキビ編〜

コンシェルジュしょん
「拝見する限り、まりかさん🐹は脂性肌のようですし、
皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まり、
毛穴の中でアクネ菌が繁殖して炎症ニキビができているようですね。」

まりか🐹
「そうだったんですね、確かに肌のベタつきテカリも気になります…
菌が繁殖しているなんて…炎症を起こしていても治りますか?」

コンシェルジュしょん
「赤ニキビも改善できるようにアドバイスしますので、ご安心くださいね!

るうさん🐧の場合は、
お肌が乾燥してお肌のターンオーバーが乱れて、毛穴詰まりが発生しているみたいですね。
黒く変化してしまった黒ニキビも同じく、肌の新陳代謝が滞っていることが原因のようですね。」

※ターンオーバーとは?
肌は約28日のサイクルで古い角質がはがれおちて新しい皮膚細胞に生まれ変わる「ターンオーバー」を繰り返しています。
睡眠の質や量が低下したり栄養が偏って、肌に必要な酸素や栄養素が行き渡らなくなると、肌の新陳代謝が滞り、肌の古い角質が厚くなり、毛穴の出口が塞がれてしまいます。

るう🐧:
「なるほど、確かに乾燥肌で肌のごわつきも気になります。
肌のターンオーバーが上手くいっていなかったんですね!」

コンシェルジュしょん
「たかさん🐶の場合は、
思春期によるホルモンバランスの乱れでニキビができていたようですね。
思春期ニキビは皮脂分泌の多い額や鼻にできる場合が多く、
睡眠の質食事の質が悪くなると更にホルモンバランスの乱れに繋がって、ニキビが悪化してしまいやすいんですよ。」

たか🐶
「なるほど、確かにテスト前は一夜漬けしたり、放課後にジャンクフードを良く食べてたな…。

しょんさん、ニキビを治すには具体的に何をすればいいんですか?

改善するには?

コンシェルジュしょん
「それでは、皆さんのニキビを改善するために、具体的にアドバイスをさせていただきますね!
ニキビの改善には、原因の3つの要素にアプローチすることが重要です。」

●アクネ菌対策
炎症を伴う赤ニキビや黄ニキビの場合はアクネ菌が繁殖して症状が悪化している可能性があります。
アクネ菌は皮脂を主な栄養源にしています。
お肌から分泌される皮脂だけでなく、化粧品に含まれる油分もアクネ菌の栄養源となってしまいます。
油分が多い化粧品はニキビを悪化させてしまう可能性があるので、油分が少ない化粧品やスキンケアを使用しましょう。

●皮脂対策
皮脂の過剰分泌は、睡眠不足ストレス等が原因の可能性があります。
睡眠をしっかりととり、日頃のストレスは貯めないように長めのお風呂に入る等のリラックスできる時間を日々のサイクルに取り入れて、皮脂の過剰分泌を抑えましょう。
また、乾燥によってインナードライ状態で皮脂が過剰に分泌されてしまう場合もあるので、保湿を十分に行うことで肌のバリア機能を高めて、過剰な皮脂もコントロールしましょう。
ニキビができない肌作りには、清潔でしっかり保湿されたお肌を保ち、しっかりとした睡眠バランスの取れた食生活を送り、ストレスの少ない環境を作ることが重要です。
また、お肌が紫外線を浴びると、皮脂が過酸化脂質となってにきびの悪化の原因にもなりますので、紫外線対策も心がけましょう。

●角質&毛穴対策

お肌が乾燥し、ターンオーバーが乱れると角層が厚くなり、古い角質が毛穴を塞いで白ニキビや黒ニキビに繋がってしまいます。
保湿を十分に行うことでお肌をやわらかく整え、お肌のバリア機能を高めて、毛穴のつまりを防ぎましょう。

xiong

TOPへ