【tricot Story#10】広告代理店から事業会社へ!戦略から分析まで、サービスグロースに向けてやり抜く

こんにちは!人事の伊藤です。

会社としてもサービスとしても拡大フェーズのトリコ。中途入社のメンバーがもの凄いスピードで会社の中心となって活躍してくれています!今回はマーケティングメンバーとして入社し、半年でリーダー就任となった奥隅さんに、トリコのマーケティングチームでの日々やこれからやっていきたいことについて伺ってきました!

奥隅 俊太(マーケティング)
2018年に新卒でWeb広告代理店に入社。営業担当としてWeb、APP問わず様々な業種の広告ディレクションを経験。2019年より部署異動し漫画サービスのマーケティングを担当、「SEVEN STAR賞:プレイヤー賞」を受賞。その後2021年7月ににトリコに入社。チームリーダーとしてパーソナライズ美容ブランド『FUJIMI』商品のマーケティングに従事。

新卒ではWEB広告代理店へ

トリコに入社するまではWEBの広告代理店で営業や媒体の運用を担当していました。基本的に広告のプロモーション提案という形で、クライアントのサービスについてヒアリングして、この広告でこの媒体を使って拡大していきましょうといった提案や、もう少しブランド寄りではお客様のサービスをこういう風にブランディングして出していきましょうといった提案も行います。

WEB広告の代理店だったので、InstagramやFacebookなどSNS広告も提案していましたが、広告以外にも包括的にサービスをより良くするための施策を行なっていく必要もあり、公式アカウントの運用方法含めWEBに関わることは基本的に全て担当していました。

当時は月に数億単位の予算で広告を回していたんですが、効率よく回す方法を探している途中だったのでどうしても時間で解決するしかなくて、本当に夜もずっと働いていて、今とはまた違ったやりがいや大変さがありましたね。

転職のきっかけとなった出会い

前職で働いている中で出会ったあるマーケターの方との出会いをきっかけに、事業側でのマーケティングに挑戦したい思いが強くなりました。その方は当時僕が担当させていただいていたクライアントのマーケティング担当者で、当時バチバチに詰められまして…(笑)。代理店は良くも悪くも色々なサービス(クライアント)を見て、売上を上げていかないといけないので、一つのサービスにかける情熱がクライアントのマーケターさんから見るともちろん足りない。その辺りをかなり指摘されて、「考えが甘い、考えきれていない」ということは特に一番多く言われました。サービスについて深く知っているので、代理店側とは違った視点を持たれていて、サービスをグロースするために本当にたくさんのことを考えていらっしゃったんですよね。一つのサービスに対してものすごい情熱をかけていて、その視座の高さに影響を受けてここまで追いつき、追い抜きたいという気持ちが芽生えました。代理店だとあくまで広告がどう伸びるかといった部分のみを追求することになるので、これを実現するのはなかなか難しく、事業側への転職を決意しました。

 

トリコへの入社は、代理店時代にトリコのCOO細田さんとある仕事で一緒になったのがきっかけです。思えば細田さんには出会った当初から「こんな変わってる人あんまりいないですよ。」となぜか良く言われていました(笑)。そんなところを(?)評価していただいたのか、細田さんがトリコに入社したタイミングで、一緒にやろうと声をかけていただいて、僕としてもマーケティングに対する考え方の面で共感する部分が多かったというとこともありますし、当時細田さんが副業含め色々なサービスに関わられていたので、色々なサービスを見ている方と一緒に仕事ができれば自分の考えの幅も広がって楽しそうだなというのが最初に感じたことです。

伊藤 芳

【経歴】 1993年 兵庫県生まれ。 2016年 関西学院大学 商学部卒業 新卒で鉄鋼の専門商社に入社。貿易業務に携わる。 2020年11月よりトリコ株式会社に人事として入社。

TOPへ