【徹底分析】あなたのお肌に必要なスキンケアは?

タイプB:混合肌

Tゾーンや鼻周りは皮脂が多く、ほかの部分は乾燥する混合肌、
お肌の皮脂量が多く、水分量が少ないため、化粧水で保湿をしっかり行い、クリームよりも油分量の少ない乳液を使用する方が良いでしょう。
皮脂分泌の多いTゾーンから洗顔をし、保湿は乾燥しやすいUゾーンから行うなど、
部位別のスキンケアを試みてみると全体の保湿レベルが整いますよ。
また、ベタつきは放置せずにティッシュなどで皮脂が酸化する前に取り除き、抗炎・鎮静作用のあるコスメを使用すると良いでしょう。
お肌のテカリが気になるからといって、保湿を控えると乾燥によってインナードライ状態になり、余計に皮脂分泌を促してしまいます。
お肌のベタつきが気になっても、化粧水で保湿した後は乳液やクリームでしっかり蓋をすることが重要です。
適切な保湿をすることで肌のバリア機能を高めて、過剰な皮脂もコントロールしましょう。

タイプC:脂性肌

お肌の皮脂量・水分量が多いため、クリームよりも油分量の少ない乳液を使用しましょう。
オイリー肌の方にとっては、油分を多く含む乳液やクリームは重たく感じますよね。
ただ、せっかく保湿をしっかりしても、その上から蓋をしないと水分は逃げてしまいます。
水分が逃げてしまうと、お肌が乾燥でインナードライ状態になり、余計に皮脂分泌してしまうこともあるんです…。
化粧水で保湿した後は必ず蓋をしましょう。
適切な保湿をすることで肌のバリア機能を高めて、過剰な皮脂もコントロールしましょう。
ベタつきが気になるのなら、重めのクリームではなくさっぱりとした使いごごちの乳液の方が使いやすいのでオススメですよ!

タイプD:敏感肌

季節の変わり目にゆらぎを感じやすい敏感肌の方は、保湿をしっかりと行い、お肌のバリア機能を高めていくことが大切です!
特にお肌が敏感な時期には低刺激タイプのスキンケアを取り入れるのがオススメです。
スキンケアアイテムを選ぶときにオススメの主な保湿成分は、
セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・アミノ酸などです。
成分表を確認してみてくださいね。
また、「医薬部外品」と明記されているものは、保湿力が高いのでおすすめです。
肌の赤みは炎症もしくは毛細血管が拡張していると考えられます。
肌が乾燥するとバリア機能が低下し、刺激によって肌の細胞が壊され炎症を起こしてしまいますので、乾燥させないようしっかり保湿することが必要となります。 症状が酷い場合は、一度皮膚科で相談しましょう。

スキンケアについてもっと詳しく知りたい方はこちら↓
https://note.com/xiongchan/n/n5ea45c3d020a

xiong

パーソナライズビューティケアFUJIMIのCSしょんです
美容に関するお悩み、一緒に解決していきましょう!
#FUJIMI #beauty

TOPへ